about thrash about

このブログについて。

写真は、いつから撮り始めたか忘れましたけど、そんなには長くないです。
小さいときに、父親のカメラを触ってしかられて以来、カメラは触ってはいけないものであり、触ってみたいものでした。大人になって、そんなこととっくに忘れてましたが、デジカメで遊んでいて、封印されていたカメラを触りたい欲望が、メラメラと復活した次第です。

ちゃんとしたカメラが欲しいけどカメラは高いし、と思っていたら、以前の職場の先輩がカメラに詳しくて「中古のフィルムカメラなら安いよ」とアドバイスしてもらいました。そのとき買ったのがα-507siで、以来、ずっと使ってます。カメラにこだわりはないんですが、ファインダでピントが合う様子を見るのが好きなので、一眼レフじゃないとイヤかもしれません。たまたま買ったα-507siですが、ファイダがいいらしいですね。

好きな被写体は街です。動くものは人間も含めて苦手です。
「よくわからないけどなんかいい」みたいな写真を公開していければ、と思います。せっかく写真にするのですから、言葉で説明しにくいものを撮りたいです。ブログに画像を載せるときにいつもタイトルに悩みます。でも、タイトルに悩むのは、ある意味、言葉で説明しにくい写真なわけですから、ちょっとうれしいような複雑な気持ちになります。